読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドルはアイドル

就活だるい。アイドルが好きそれだけで生きてるのに就活がだるい。

始める。

初めましてブログを書くというのが久々です。garuと言います。今絶賛就活中らしいです。もう就活やめたい。やめたい。やめたいです。アイドルが追いかけたいだけです。

というかそのうち就活やめます。←こう宣言するとすっきりする。

主にKぽっぷアイドルにうつつを抜かす、喪女です。宵越しの金は持たねえ、アイドルの小銭入れ、ポチ袋。ATMなんてめっそうもない、みみっちいドルヲタです。

 

日々の日課は、推しのプレビューを見て、RTしては可愛いとしか呟かないただのbotと課したツイッターです。

 

基本的にRPS大好きで、小説を漁るのが好きなので、苦手な方、意味が分からない方はこのブログを読むのはやめた方が良いのかなと思います。

 

ここで

ここ数年のアイドルを好きになるまでの遍歴

 

もうずっと、二次元というか声優さんを追いかけてきました。

+お笑いの劇場に1年間通い詰めた時期や、洋画というか英国俳優を観ていた時期もあります。

 

ただしどの時期も変わらなかったのは、BLが好きということです。ボーイズラブが、薔薇が、男色が、801が好きで好きでたまらないのは何一つ変わらない事です。

 

商業BL漫画本当にたくさん読んできました。BL漫画には様々な設定があると思います。その登場人物の設定をリアルな三次元芸能人に着せて楽しんでるだけなのだと最近は思います。

 

アイドルを好きになるまでの遍歴に戻りますが、たまたま深夜に観ていた、タカトシさんがやっている音楽番組だったかにDa-iCEというグループとK-POPアイドルBEASTが出ていました。即行HMVにダッシュし両グループのCDを買いました。

 

今までK-POPアイドルというと女性アイドルしか見た事がなかった。そもそも、アイドルにハマったと思われる時期があると言えば、小学生の時に山田涼介が好きすぎて

「僕らは平成ONLY」とか叫んでた時期があるくらいで、周りがアイドルを好きと言っている時期(中学生~高校生)を全くアイドルに興味なく過ごしてしまった。

 

‘しまった’と言うのは、正直三次元を好きになる自分が気持ち悪いという謎の嫌悪感を持って過ごしていたあの時期ちゃんと三次元男子さえ好きになっていれば今の就活も乗り越えられているのではというもう意味の分からない嫌悪感に押しつぶされそうな喪女だから。

 

本当に普通の女の子と同じ人生を送りたかった。

 

そんな人間がひたすら、パフォーマンスにヤられ、男性ダンスボーカルグループを観るためにわざわざzepp divercityにまで赴くのである。

 

こっから積極的にアイドルを追い始めたんだと思う。文章もまとまらなくなってきたので、今日はここまで。とにかくひたすらにアイドルについてメモるだけ。