読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドルはアイドル

就活だるい。アイドルが好きそれだけで生きてるのに就活がだるい。

ただアイドルを並べるだけ

こんばんは、エントリーシートを吐いてきました。なんのこっちゃ。
「もう吐けるものない?もうないの?え?少なすぎじゃね?もっと吐けおら」
自分にとってはそんなイメージで拷問かよ。拷問受けるほどの価値もねえよ。っていう劣等感で押しつぶされそうなんだって!←他人事

それはそれとして、タイトル通り。ただアイドルを並べたいと思います。
というのもとにかく鬱すぎて、推しの名前をタイピングしたい。

ということで自分が今まで推してきたアイドルを振り返ってみる。
主にK-POPアイドルです。

まず、K-POP自体を知ったのは少女時代とKARAです。
それから、高校の時は確かBrown Eyed Girls と4MinuteとSHINeeだけは聴いてました。記憶が曖昧だ。

中でも4Minuteはアルバムを買いに行ったのでよく覚えてます。I My Me Mine がすごく自分の中でビビっと来た作品で、これは買わなければと思いました。
元々多少ディスコ調というかエレクトリック~な音楽が好きで、中学の時に ハレンチ☆パンチというアイドルグループが80_pan と改名したときに出されたアルバムがものすごく好きだったんです。DISCO BABYというアルバムなのですが、そういうこともあり割とあの強めのああいう音がそもそも好きだったんですよね。その前にPerfumeCapsuleもあったか。私にとってCOLTEMONIKHAさんの歌っているそらとぶひかりがテクノポップの入口です。うわぁ話がそれてゆく。

 

それから、Brown Eyed Girlsのガインにものすごい心惹かれて、なんで特にすごい美人とかではないけど、えげつない魅力を引き連れてらっしゃると思いながらPVをひたすらに再生しました。釈由美子さんに似てるよね。シルエットが。

 

SHINeeもひたすらにSherlockばかり聴いて過ごし特にメンバーとかにハマるということもなく、あの時は三次元は女の人だけって思ってたのかもしれませんw

K-POPは追いかけるものではなくBGMというか普通に音楽を聴くことだけでした。

 

高校卒業かそのちょっと前かな、ゲーム「キスよりすごい音楽って本当にあるんだよADV」うたの☆プリンスさまっ♪にハマるんですよ。そっから、大袈裟にヲタクとしてグッズを買い情報をいつでも追いました!ああこんなにハマれるものができてヲタクになれたよ!赤飯じゃ!赤飯!くらい自分にとってはとっても充実してた日々でした電車男を見たときからずっとヲタクになりたかったんだよ!!!!ヲタクだよ!!!!みたいな私はものすごくミーハーなので本当にうれしかった。

 

そんなこといいつつも高校時代は、思い返せば、今でいうサブカル女子もどきでした。ヴィレッジヴァンガード大好きだし、アーバンギャルド聴いたし、コミティアにセーラー服と血液とパンティとみたいなエログロ買いに行ってたし、てか本当にセーラー服と血みたいな組み合わせは今でも好きだけど。でもそれにしても、そういうものに憧れていた。東方projectアレンジや同人音楽も通ったし、歌い手も踊り手も本当に通れるものなら何でも通ったよ。

 

輝かしいプリンスあああ、プリンスとか言いながらも相変わらず、三次元男子を推す余裕なんかなかった。その時見ていたアイドルといえばハロプロ全般。

そんなんで声優、お笑い、俳優といろいろ渡りながら、最初のブログ記事にも書いた通り、BEASTです。BEASTに足を突っ込んだのです。ヒョンスンに目を奪われた。本当にあの一匹狼みたいな風貌とあの四次元男子にね。ただこの時一緒に出演していた、Da-iCEにも奪われてしまい。結局一旦Da-iCEを追うようになります。

 

そしてなんやかんやで、ジャニーズJrなんかを観ているうちに、Jrの推しにヒョンスンに近いものを感じて、もう一回全部BEASTを見てみっか!PVやバラエティ番組見れるものは割と観ました。DVDも買って観ましたね。でここで初めて、新大久保に行く事となります。

いやあ、グッズが本当に無かった。名札だけ買って帰りました。

 

それからはバイト先の人がK-POPペンだったのことを思いだして、そういえば、えくそ…とかいう話をむちゃくちゃ聴いたなあと思い出し、EXOを聴き出します。
この時点ではそのバイト先の人にいろいろ聴いてたこともあってタオペンでした。タオちゃん、パンダ、ラップしゅわしゅわというように本当に言語能力が著しく低下してゆきます。それと同時に最初見た時から私はなんでここにいるのか分からないというか、違和感を感じていたメンバーがいたのです。それが長兄・シウミンです。なんていうか本当に不思議だったんです。後ろにいるのに浮き出て見える。今思えば恋の初期症状ですwwwwwもうね、一番好きにはならないと思っていた彼をいつの間にか目で追ってるんですよ。可愛くて仕方なくて。可愛くて仕方ないのに。ふとした表情はクールで気高い猫なんですよ。そういつの間にか両手同期も、その童顔からなぜそんなに?な筋肉まで本当に愛おしい包子。

こっそり、たおちゃんとしうみんの組み合わせの小説を探しまくり読みふける日々でした。

 

そして、あの悲劇です。はい、たおちゃんが本格的にZ.TAOとしての活動を始めます。その傷が割と大きかった。大きかった。逃げるようにSUPER JUNIORをひたすらに見ます。ヒニムとヒョクにずっぱり落ちました。特にヒョクペンです。ウネ、ヘウンどちらも好きですが、ヒニムとヒョクのエピソードも好きです。

こっからは自分がどう過ごしたか全く覚えてません。いつの間にか、BTSを見ていて、らぷもんさん→てって→しゅがさんという流れで今では完璧にSUGAペンですし。VGAとれぷしゅぷが本当に好きです。

ざっとあげると、SEVENTEEN、iKON、ROMEO、GOT7、JJCC、一番最近だとUP10TIONを勉強中。BlockBも勉強中。MonstaXも勉強中です。


それぞれハマった流れが書きたいのですがそれはまたゆっくり、もちろん今の動きも整理したいな。